共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

背中猫背の矯正・治し方!姿勢矯正の商品を使うと治しやすい!


背中猫背とは主に身体の背中、又は肩甲骨から曲がり、猫背になっている場合の総称です。

 

 

 

通常昔から猫背と呼ばれていたのはこの背中猫背が中心になります。横から見ても背中から曲がっていて軽くお辞儀をしているような感じも受けるし、だらしなさ、不健康なイメージも生じてしまいます。

 

 

 

 

なにより、「暗い」「マイナス思考の人」という見た目の印象になり、その姿勢から実際に考え方もマイナス思考的になるようです。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

背中猫背の原因は?


背中猫背になる原因は背筋と腹筋の筋肉バランスの崩れがあり、さらに背中や肩甲骨から曲げるような癖や習慣がある人がなってしまいます。

 

 

主にパソコンを使ったデスクワークなどの仕事をしている人が多く、農作業者で筋力が低下している人もなる事があります。極端に多い人の多くがオフィス内でのパソコン系の仕事、パソコンとにらめっこする仕事の人のようです。

 

 

 

 

この仕事の場合は、背中や肩甲骨から曲げる事が多いという点と、運動不足が起きるので筋力低下による、背筋と腹筋の筋肉バランスの崩れも生じます。つまり原因の2つが両方誘発される仕事と言う事でこのようなデスクに向かう仕事の人が多いのが現状です。

 

 

 

 

背中猫背になるとどんな症状が出る!?


背中猫背になると、当然前傾姿勢になります。この前傾姿勢は身体の臓器類を圧迫してしまいます。

 

 

 

臓器の中でも胃に負担がかかる事が多く胃酸の分泌率が非常に悪くなる事が知られています。
胃酸の分泌が悪い事で、消化不良になり、太りやすくなるという体格的な症状と、胸やけや胃痛などの痛み症状も生じます。

 

 

 

 

また、呼吸器が圧迫されたりする事があれば呼吸器疾患が生じますし、腸が圧迫されると便秘の症状も生じます。
さらに、悪い事に呼吸が浅くなる事で脳への伝達物質の少なくなりうつ病や神経症状を起こしやすくもなります。不眠症の原因にもなります。

 

背中猫背の症状

胃痛
胸やけ
太りやすい
呼吸器疾患
便秘
うつ病や神経症状になりやすい
逆流性食道炎
不眠症

など。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

 

背中猫背の治し方・矯正方法とは?


最も効率的で簡単に背中猫背を治す方法は、「真っ直ぐな姿勢、正しい姿勢を意識して生活する事」です。

 

 

 

筋力バランスの崩れなどの原因もありますが、それでも猫背にならない人はなりません。
それは猫背になる姿勢を保つ姿勢が短いか、無いからです。

 

 

 

毎日の生活の中で、自分は背中や肩甲骨から曲がっている背中猫背であると認識して、良い姿勢を心がけて生活する事が重要です。
その意識が続かない人は姿勢矯正のベルトを付けるなり、普段座っている椅子を姿勢矯正椅子に変えるだけで自然に、無意識に背中猫背は治っていきます。

 

 

背中猫背に効果的な猫背グッズ

 

 

 

 

 

背中猫背が治ったら次やる事は正しい姿勢を知る事!


背中猫背を治す事は簡単です。
意識出来れば何も使わずに意識だけで治りますし、サポートが欲しいなら専用のベルトや椅子を使えば良いだけです。辛い筋トレや定期的なストレッチ方法などは実践する必要はありません。

 

 

 

 

しかし、実際に背中猫背が治ったらしなければいけない事があります。;それは、再度背中猫背などの悪い姿勢にならないように「正しい姿勢を知る事」です。

 

 

 

この正しい姿勢を知らないと、また癖や習慣で悪い姿勢を無意識に続けることでそれが長期間して再度背中猫背のような悪い姿勢になります
正しい姿勢が分からない場合は、姿勢矯正ベルトを付けるかや姿勢矯正椅子に座ってみてください。
その時の姿勢が正しい姿勢になっているはずです。

 

 

 

 

その姿勢を頭にインプットして身体に覚えさせてください。
この正しい姿勢が身に付けば運動不足で筋力が低下しても、日常が正しい姿勢の時間が多いので悪い姿勢にはなりません。これが出来て初めて半永久的に猫背などの悪い姿勢が治ったと言えます。

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップページ
種類別の姿勢矯正アイテム




スポンサードサーチ

TOPへ