共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

首猫背の矯正・治し方!首の骨がまっすぐになってしまうストレートネックかも!?


首猫背と言うのは、首と背中の境が折れているように見える状態の猫背です。その為首猫背の人を横から見ると、頭が前に突き出ているような印象を受けます。

 

 

 

この状態でレントゲン写真を撮ってみて、首の骨が真っ直ぐになってしまっている場合は別名「ストレートネック」と呼ばれます。基本的な症状は同じです。

 

 

 

 

@首猫背で首の骨が真っ直ぐ(ストレート)になっている場合=首猫背+ストレートネック
A首猫背で首の骨は通常のままの状態の場合=首猫背

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

 

首猫背になってしまった原因とは?


首猫背になってしまった人にはそれなりに原因があります。大きく分けると2種類の原因が存在します。

 

 

以下2つの原因です。

 

性格・素質による生じた首猫背

性格や素質というのは、もう少し掘り下げると、先天的とも言えます。マイナス思考の人で例えると、毎日プラス思考で生きている人に比べて顔が堂々と前を向くよりも下向き加減になりますよね。

 

 

 

性格からくる自身の無さ、又は遺伝的にそのような素質がある人は、マイナス思考のみならず姿勢も変化します。
その下向き加減、目立ちたくないという欲求などからくる首が下方向へ曲げる癖が長期間付く事でその首の姿勢が標準化してしまい「首猫背」へとなっていきます。

 

 

生活環境によって生じた首猫背

もう1つの首猫背になってしまう原因に生活環境や癖があります。

 

最近ではスマホやパソコンの普及により、下を向かなければいけない仕事や趣味なども多くなってきました。
スマホやポケットゲームなどが悪いわけではありませんが、それらをする時に身体全体で見るのではなくて、顔だけ下に向いている状態になってしまうとそれが癖になり、首猫背へと発展します。

 

 

特に電車などでスマホやゲームを立ちながら、座りながらしている人は首猫背になりやすい生活環境にあると言えます。
もちろん仕事でパソコンを長時間使用する人もそうですが、仕事の場合は椅子に座っている事と思いますので姿勢改善クッションを椅子に乗せてから座ったり、姿勢矯正シャツを付けて仕事をする事で悪い姿勢にならずにパソコン作業やら下を向く作業が出来ます。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

 

首猫背になる事で生じる症状とは?


首猫背になる事で生じる主な症状をまとめました。

首や肩こりが酷くなる

首が前に出る事で身体の重心が後ろへとずれてしまいます。重心が後ろへずれる事で頭を支える身体の部位のバランスが崩れ首と肩周辺で頭を支える形になってしまいます。
結果首の痛み、肩の痛み、コリなどが発生します。

 

横からの見た目が悪くなる

前からは分かりませんが、横から見ると明らかに顎が出ていて印象に残る姿勢になってしまいます。この姿勢はだらしがないイメージやマイナス思考のイメージがありプラスに評価される事は決してありません。

 

様々な病気の原因になる

首猫背になると、胸鎖乳突筋が緊張したり、こわばりを起こします。この筋肉は乳様突起と鎖骨を結ぶ働きがありますが、首猫背によって頭が前に出てしまう事が長期間する事で、乳様突起も前に出てしまいます。結果鎖骨との距離が短くなってしまうという身体異常が生じて、胸鎖乳突筋が縮んでしまい、コリや筋肉の緊張を引き起こします。

 

 

胸鎖乳突筋がこわばったり、コリを生じる事で、近くの神経やリンパの流れを妨げてしまいます。これらの神経の流れを妨げる事が多いと、脳からの命令が伝わりずくなってしまい、自律神経失調症になってしまったり、それが発展して鬱病になってしまう事もあります。また、リンパの流れが滞ると、老廃物が溜ってしまうので、新陳代謝が悪くなります。新陳代謝が悪くなれば、あらゆる免疫力などが低下し、さらに様々な病気にかかりやすくなっていきます。

 

声が変わる事がある

喉には茎突咽頭筋と言われる筋肉があります。首猫背の姿勢だとこの筋肉が縮む傾向にあります。この、茎突咽頭筋が縮む事で、甲状軟骨が茎状突起側の後ろ側に引っ張られる状態になってしまい、共鳴腔が狭くなってしまいます。この状態では、大声が出しづらいだけでなく、声帯を傷つける可能性が高いです。首猫背が長いと声が変わってしまう可能性があると言う事です。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

 

 

首猫背の治し方・矯正方法


首猫背になってしまっても大きく悩む必要はありません。簡単な治し方があります。
それは、「正しい姿勢を知りそれを意識する事」です。これだけで首猫背は改善されます。下を向くのが癖や習慣ならそれを見直してください。

 

 

 

 

そのような習慣や癖を意識して「自分は首猫背である」と毎日意識さえしていれば、自然に下を向く場所でもその意識が働き下向き加減が減っていきます。

 

 

 

 

仕事が忙しすぎてそんな意識を忘れてしまう、スマホなどゲームでどうしても下を向く必要があるなんて人は正しい姿勢にする意識をグッズに任せる事も出来ます。代表的なグッズが姿勢矯正ベルトと首猫背用(ストレートネック用)の枕です。

 

 

 

 

ベルト系は下を向く時にベルトによって圧迫感があるので下を向いてしまっている事が身体の体圧により分かります。
枕系は意識せずにその枕に代えてみましょう。しかし、あくまでも自分で意識する事が難しい場合です。

 

 

1番は何もグッズを使わずに「正しい姿勢の意識」だけで治せるのがベストですね!

 

首猫背を治す為のベルト+枕

以下首猫背改善に役立つ姿勢矯正ベルトと姿勢矯正枕です。

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップページ
種類別の姿勢矯正アイテム




スポンサードサーチ

TOPへ