共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

姿勢が矯正出来るグッズのランキング


姿勢を矯正する事が出来るグッズのランキングを公開しています。

 

 

 

 

 

※ランキング元は大手美容サイト、ダイエットサイトなどの商品ランクを総合しています。
※ランキング表示は随時更新していきますのでご了承ください<(_ _)>

 

 

美姿勢ビルダー(女性向き)
  • 女性の使用率が高い
  • 猫背全般に効果あり
  • 反り腰にも効果あり
  • 胸突き出し姿勢にも効果あり
  • 巻き肩にも効果あり
  • ストレートネックにも効果あり

公式サイト 詳細ページ

 

マッスルプレス(男性向き)

  • 男性の使用率が高い
  • 猫背全般に効果あり
  • 筋力もアップする
  • 筋力アップがメインだが、姿勢も改善出来る
  • 巻き肩にも効果あり

 

公式サイト 詳細ページ

 

 

美姿勢座椅子
  • 男女ともに使用率が高い
  • ベルトではなく、椅子として座る事で姿勢矯正が出来る
  • 猫背・反り腰・巻き肩・胸突き出し姿勢などを改善して正しい姿勢に
  • 椅子の上に付けて使う事も可能

 

公式サイト 詳細ページ

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

 

 

姿勢が悪いとすべてがマイナスになる!?


姿勢が悪いと見た目も悪いし、健康面でも、また精神面でも悪くなるという事実を知っていますか?
姿勢が悪い事で、

 

外見のマイナス

第一印象などの印象が悪い
病気がちに見える
暗く見える
マイナス思考に見える
太って見える(反り腰)
実際に太ってしまう(お腹猫背)

 

健康面でのマイナス

首が痛くなる
背中が痛くなる
肩が凝る
腰が痛くなる
膝関節や股関節が痛くなる
血流が悪くなる
大腸圧迫により便秘になる
胃の圧迫により逆流性食道炎になる

 

 

精神面でのマイナス

マイナス思考になりやすい
うつ病になりやすい
自律神経失調症になりやい
不眠になりやすい

 

※姿勢が悪く前かがみの姿勢の場合は、その状態で呼吸で使う横隔膜と助骨がうまく機能せずに浅い呼吸になります。
浅い呼吸になることで、脳内伝達物質が通常よりも脳に伝わらず、活動が抑制されてしまい、マイナス思考、不安の度合いが高まります。
このような事からマイナス思考、不安障害になり、そのような状態が長期間続く事で本格的なうつ病、自律神経失調症になっていきます。

 

 

 

※姿勢が悪く眠れなくなる原因は、姿勢の悪化により、一部の筋肉に負荷をかける事になり、その筋肉が緊張状態に陥り眠る事が出来ない状態になる事が多いことから不眠になる場合と
上記に記載してあるように呼吸が浅くなる事で脳内伝達物質の流れ低下による不安障害からくる不眠の場合の2通りがあります。

 

 

スポンサードサーチ

悪い姿勢の種類は5種類ある


姿勢が悪いと言えど、悪い姿勢と言われる姿勢には実は5種類あります。
以下悪い姿勢の5種です。

 

猫背姿勢

「姿勢が悪い」の代表的な姿勢で最も割合が多い悪い姿勢です。
見た目も悪く、この猫背が原因で身体のあちこちが痛む事になります(首・腰・背中・膝関節・又関節)さらに横隔膜の圧迫により呼吸が浅くなる、消化機能の圧迫により消化不良で太りやすくなるなどの症状も報告されています。最近では横隔膜の圧迫で呼吸が浅くなる事で脳への伝達物質がうまく伝わらなく、うつ病や神経症状を併発するとの報告も発表されています。

 

この猫背姿勢の中でもさらに部位によって分けられて4種類あります。

 

@首猫背


全体的な猫背でかつ、首が大きく前に出ている猫背です。
※この状態でレントゲン写真で首が真っ直ぐになってしまっている状態になる事を別で説明しますが、ストレートネックと言います。
頭痛や首の痛み、肩こりやふらつきなどの症状を伴う事もあります。

 

 

 

 

 

A背中猫背


通常の猫背の代表例です。周知の通り、背中が前かがみになっていたり、丸まっています。腰や肩の他にも臓器圧迫による胃痛や胸やけなどの症状も生じます。

 

 

 

B腰猫背


腰の部分に強く丸みが生じている猫背です。必ずと言っていいほど腰痛が併発されています。呼吸器疾患なども生じます。

 

 

 

 

Cお腹猫背


あごとお腹が前に出ているのが特徴です。@お腹だけではなく腰も出ている姿勢のお腹猫背Aお腹は出ているが、腰は出ていない猫背の2種類あります。

 

 

 

 

 

胸を突き出す姿勢


特に女性に多い悪い姿勢です。見た目をよくしようと試みた結果それが過剰になり癖付いてしまう姿勢です。とても腰に負担がかかります。
癖になってしまっているので自然に改善できない事が多いです。

 

 

反り腰(腰を突き出す姿勢)


反り腰は筋力の低下が主な原因になります。腰を前へ突き出すような姿勢の為に通常よりも太って見えてしまいます。
腰に負担がかかり、腰痛の原因になります。

 

 

巻き肩姿勢


肩が巻いているような状態になる姿勢です。
猫背のように姿勢が前かがみなど悪い状態が長い事で生じます。逆に巻き肩が進行して猫背になる事もあります。

 

また、横向きで寝る癖が長い人もその姿勢が癖ついてしまい巻き肩姿勢になりやすくなります。
巻き肩が酷いと肩近くの神経が圧迫されシビレなどの症状が出る場合もあります。

 

 

ストレートネック姿勢


この姿勢は首が真っ直ぐになってしまう状態になります。
通常首は頸部は真っ直ぐではなく、湾曲を描きますが、下を見る習慣が長く続いたり、うつむき加減の姿勢が長いと首が真っ直ぐになってしまう状態でいわゆる「ストレートネック症状」になってしまいます。

 

頭痛、首の痛み、肩こり、めまい、ふらつきの症状が起きる事があります。
※首猫背との判別方法は、実際にレントゲンで首が真っ直ぐ(ストレートネック)になっているかいないかの差になります。
症状は首猫背と同等になります。

 

 

以上悪い姿勢の代表例ですが、背中猫背や腰猫背ならともかくお腹猫背や反り腰、胸を付きだす姿勢などは専門家に診てもらわないと判別も難しい事があると思います。

 

 

 

しかし、自分の悪い姿勢を特定する必要はありません。
どんな悪い姿勢でも、解消方法は「正しい姿勢で生活する」事で改善します。難しく考えずに、このような種類がある事だけを念頭に置いておくぐらいで良いでしょう<(_ _)>

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

 

 

悪い姿勢を直す方法は4つある


上記のどの悪い姿勢もすべてはひとまとめで悪い姿勢として捉えると、改善する方法は正しい姿勢にする事なので
ほぼ同じ改善方法になります。姿勢を直す方法には以下4つがあります。

 

筋トレ改善方法

背筋、腹筋の筋力バランス、肩甲骨などの筋力も付ける方法です。

 

通常の猫背型の場合は、背筋が弱っているので背筋メインに鍛える事、後ろに反る姿勢の場合は逆に腹筋をメインに鍛える事で正しい姿勢へと改善出来ます。毎日の辛いトレーニングに耐える事が出来る人に向いています。

 

病院・整体・接骨院(整骨院)へ通う方法

病院や整体、接骨院、整骨院に通う方法は、プロの指導なので効果は期待できますが、通う事に費やす時間とお金が非常にネックになります。
自分で改善出来ないくらいの姿勢の悪さなら仕方がないですが、そうでなければ自分で姿勢矯正のグッズを使ったほうが安いし、時間も取られないのでどこかに定期的に通う方法はオススメ出来ません。

 

 

ストレッチで関節のこわばりを取る方法

ストレッチによって悪い姿勢の為に筋肉にこわばりやコリが生じてしまった身体を元の柔らかい身体に戻す作用があります。毎日続ける事が重要で長期間の期間をみなければいけません。

 

 

また、柔らかい姿勢になる事が出来てもその後、正しい姿勢にするには自分で意識して正しい姿勢にするか、姿勢矯正グッズなどを使用して無意識的に正しい姿勢へと改善しなければいけません。

 

あくまでも正しい姿勢にするのではなくて、正しい姿勢にした時に痛みや違和感を感じる人がそれを解消する目的が大きいです。

 

姿勢矯正グッズを使う方法

姿勢矯正のグッズを使う事が一番効率的かつ効果的です。姿勢矯正のグッズと言うと、姿勢矯正ベルトや姿勢矯正下着、姿勢矯正ソファや椅子、姿勢矯正枕などです。
まだまだ、姿勢矯正のグッズは販売されると思うのでチェックして効果がありそうなら紹介していきますね。

 

 

 

 

 

 

効率的かつ効果的な姿勢矯正方法はグッズが有効!


上記にも記載しましたが、姿勢矯正の為に効果的で効率的なのはグッズを使う事です。ストレッチ方法や筋トレ方法など姿勢を直す方法は様々な方法がありますが、時間とお金、また続ける根性が必要不可欠になります。

 

 

最近の姿勢矯正のグッズと言うと、そのグッズで何かをするというのではなくて、「付けているだけ」「着ているだけ」「座る時に使うだけ」「寝るだけ」など、自分から行動せずに身に付けていたり、普段使っているものを姿勢矯正のグッズに置き換えるだけで良いというグッズがほとんどなので、姿勢矯正の為に続ける根性もそれほど必要なく、定期的な筋トレやらストレッチなども必要がないし、病院やら接骨院、整体に高いお金を払って通う必要もなくなってきました。

 

姿勢矯正は実は正しい姿勢を意識して、猫背や悪い姿勢になる事を意識して避けて生活をしていれば自然と良い姿勢、正常な姿勢に戻ります。

 

 

それが出来ないのはそのような意識を忘れてしまうか、強い意志が足りないなどの部分が足りてないのです。
ココを補ってくれるのが「意識しなくても良い姿勢を保ってくれるようにするグッズ」です。

 

特に姿勢矯正に意欲があり、実践しても途中挫折する方法には筋トレ方法やストレッチ方法などがあります。これは普段忙しい時間を空けて実践しなければいけないのでどうしても長く続かせる事が難しくなってしまうんですよね。

 

 

スポンサードサーチ

 

姿勢矯正グッズの種類別のランキング


美容掲示板と健康系口コミサイト等からの引用で姿勢矯正グッズの部門・種類別のランキングを抜粋しています。
※定期的にランキングは修正作業が入りますのでご了承ください<(_ _)>

 

 

女性人気!姿勢矯正ベルト&インナー部門(女性)

美姿勢ビルダー

公式サイト 詳細ページ

 

改善が見込める姿勢

●猫背全般(首猫背・背中猫背・腰猫背・お腹猫背)
●反り腰
●巻き肩
●ストレートネック

 

 

 

 

 

 

 

男性人気!姿勢矯正ベルト&インナー部門(男性)

マッスルプレス

公式サイト 詳細ページ

 

改善が見込める姿勢

●猫背全般(首猫背・背中猫背・腰猫背・お腹猫背)
●反り腰
●巻き肩
●ストレートネック

 

 

 

 

 

 

 

 

姿勢矯正椅子(ソファー)部門

美姿勢座椅子

 

公式サイト 詳細ページ

 

改善が見込める姿勢

●猫背全般(首猫背・背中猫背・腰猫背・お腹猫背)
●反り腰
●巻き肩
●ストレートネック

 

 

 

 

ストレートネック矯正部門

ストレートネック枕

 

公式サイト 詳細ページ

 

改善が見込める姿勢

●首猫背
●ストレートネック

 

※改善が見込める姿勢が少ないですが、ストレートネックのみ改善したいのなら一番効果的になります。

 

 

 

 

スポンサードサーチ
共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ